ガソリンって2種類あるけど何がどう違うの?

ガソリンには、レギュラーとハイオクの2種類があることはご存知だと思います。
ガソリンスタンドで給油する車のほとんどがレギュラーガソリンを利用しているのは、レギュラーの方がハイオクよりも安いからです。

ハイオクガソリンとは、レギュラーガソリンよりもオクタン価が高く燃費効率の高いガソリンのことです。
オクタン価が高いほど、ガソリンは燃えにくく圧縮しやすいため、パワーが生まれます。
JIS規格では、オクタン価をレギュラーガソリンは89以上、ハイオクガソリンは96以上と定められています。

車にはハイオク仕様車があり、ハイオクを用いることで燃費がよくなり、パワーが上がります。
しかし、レギュラーガソリン仕様車に、ハイオクガソリンを給油しても意味はありません。
むしろ、燃費が低下してしまう方が多いようです。
つまり、車に合ったガソリンを給油することが最も燃費が良くなると言うことです。

普段、なかなか意識しないことだと思いますので、ガソリンスタンドに行ったら意識して見て下さい。銀座カラー 時間