社会人は「いいたいことを発言するのでなく、常に言うべきこと言わなければならない。」

当たり前のことですが社会人は「いいたいことを発言するのでなく、常に言うべきこと言わなければならない。」のです。このことが分かっている人というのはどこでも働くことができ、その会社では生き残ることができる人です。このことを自分をだます行為だと言う人もいます。確かにそのように言う人の言動にも一理あります。つまり、そのような人は自分の言わなければならないことを言わないでいいたいことを言うと言う正直者がいいと思っている人です。
たまに就職活動をしている学生にいるのですが面接で「社長になりたい。」と面接官に向かって言う人もいます。
私は一次面接をしたときにそのような学生がいました。その学生はその後私の勤めている会社に入社してきたのかはわかりません。彼が、弊社に就職内定を取れたのかどうかは一次面接しか担当していない私にはわかりません。
たぶん、彼は自分の思ったことを言う素直な学生だったと思います。しかし、社会ではやりたいことをやるのではなく、やらなければならないことが求められるのがサラリーマンなのですベルタ葉酸 販売店